スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

欲求を手放す-セドナ・メソッド その2-

セドナ・メソッドその1
セドナ・メソッドその3


++++++++++++++

前回のセドナ・メソッドの記事は「感情を手放す方法」についてでした。

今回は「欲求を手放すこと」について書いてみます。

多くの場合、わき上がってくる思考や感情には
その元となる「欲求」があります。
その「欲求」を握りしめていると
「欲求」と様々な「出来事」が噛み合わなかったときに
ネガティブな思考や感情がわき上がってきます。
(無気力、悲しみ、恐れ、渇望、怒り、誇り)

なので、その欲求を手放すと
とらわれやすい思考や感情も一気に手放せます。
心が自由になります。


基本的な欲求の種類は4つです。
4つの欲求それぞれに対応した真逆の欲求もあります。

*制御欲求(コントロールしたいという欲求)
 ↓↑
 制御されたい欲求

*承認欲求(認められたい、愛されたいという欲求)
 ↓↑
 否認欲求/愛したいという欲求

*安全欲求(安心したい、生存したいという欲求)
 ↓↑
 死にたいという欲求

*分離欲求(離れたい、独立したいという欲求)
 ↓↑
 一体欲求(属したい、同化したいという欲求)


ちなみに、これらの欲求の柱となっているのは
安全欲求です。


では、思考や感情とその欲求はどういうふうに
つながっているかみてみましょう。

例えば、いっぱいお金がほしい人がいるとします。
どうしてお金がほしいのか探ってみると…

お金があれば生きるのに安心
→安全欲求

お金で思い通りの生活をしたい
→制御欲求

お金をたくさん持って
人から認められたい
→承認欲求

お金をたくさん持って
庶民とは違うセレブになりたい
→分離欲求

お金がほしい人がみんな同じ欲求なわけではありませんが
こういうふうに欲求は隠れていますよ。ということです。
で、実際にお金がなければ、不安だし、渇望するし、
思い通りにならなくて怒るかもしれないし、悲しいかもしれないし
悪化すれば、恐れたり絶望したりするかもしれません。

それに、「欲求」=「〜したい」ということです。
思考は現実を創造するので
「〜したい」に執着していれば「〜したい」と思い続ける現実が
創造される、ということです。
(お金を得て安心したい→お金を得て安心したい現実になる
→つまりお金がなくて不安な状況になる)

というわけで、欲求は手放すのが良いです。
ネガティブな思考や感情を手放し、
欲求しつづける現実を手放すことになるからです。

長くなったのでここまで。
手放し方は感情のときと同じですが、次に書きます。
スポンサーサイト
.04 2011
セドナメソッド comment(0) trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

☆あいさつ☆

ご来訪、ありがとうございます。
常春(とこはる)と申します。
精神世界に興味がある普通の人です。

ここでは、実践したことや気づいたこと、気になったことを、ゆるーくレポートしていきます。
自分のために書いていますが、 多少なりとも参考になれば幸い。
エゴっても生温かく見守って頂けると嬉しいです。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

大事なのは自分を愛すること。
自分と対話すること。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆
7/27 ただいま放置中w
ご自分にピンとくるところだけ
美味しいとこ取りな感じで
テキトーに読んでいってください。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
13.1.11 ツイッターのアカウントを削除しました。

14.1.27 メールフォームが機能してないかも??
なので、非表示にしました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント

リンク

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。